夢に向かって挑戦する人

夢を叶える為に私が選んだ道

1975年、大阪府生まれ。プロボウラーの父の影響で高校入学と同時にボウリングをはじめ、17歳でプロテスト に合格。2002年に全日本ミックスダブルスで史上初の親子優勝。同年東海女子オープンではシングルスで初優勝。プロボウラーとしてテレビや雑誌などで活躍中。

酒井 美佳さんのストーリーインタビュー

酒井 美佳さんの夢を支えるボディケアアイテムはこちら

意識的なボディケアで、優勝を目指す。

カラダの変化

20代の頃とは、疲れ方が違う。

わたしは10代でプロになったのですが、30代になった今は、以前とはカラダの疲れ方が違うなと感じますね。サプリメントを飲んだり自分でマッサージをしたり、毎日意識してセルフケアを行っているんですよ。
写真:酒井 美佳さん
こだわりの道具と意識的なボディケアでプレーに取り組む日々

プロボウラーの生活は、すごく不規則なんです。トーナメントは朝から始まるんですが、その他のイベントごとは夜の8時や9時頃からスタートすることが多いんですよ。だから終了時刻も遅くて、生活リズムが不規則になって眠れないこともありますね。特に、ホテルに泊まったときはなかなか眠れないんです。いま、家ではファイテンのマットレスを使っているのですが、あのマットがあると全然違いますね。よく眠れます。遠征にも持っていきたいくらい気に入っています。

優勝を目指して

優勝という、父との約束。

写真:酒井 美佳さん
これからも続けられる限り、父とともに優勝を目指す
最近は若いプロボウラーが増えてきて、ボウリング界もどんどん変化していると感じます。服装もみんな気をつかってオシャレしていますよね。わたしも、ボウリングをされていない方に、少しでもボウリングに興味を持ってもらいたいと意識してトーナメントやイベントに取り組んでいます。

わたし個人としては、これからもできる限りはボウリングを続けていきたいなと思っています。そのためにも意識的なカラダのケアを大切にしていきたいですね。父もまだプロボウラーとして頑張っていて、どちらが先に優勝するかと言って、お互いに頑張ろうって約束をしたんですよ。わたしは2位以下は何位でも一緒だと思っているんです。だからやっぱり優勝したいですし、優勝しないと意味がないと思うので、そこを目指してこれからも頑張っていきます。

酒井 美佳さんの最近の活動についてはこちら
  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 3

酒井 美佳さんが使用するボディケアグッズ

ヒートビューティージェル
ヒートビューティージェル
ファイテンサポーター
腰用ミドルタイプ
ファイテンサポーター腰用ミドルタイプ
酒井 美佳さんの使い方

About The Body Care Company

Interview&Item

一覧へ
  • ファイテン
  • ファイテン公式 facebookページ
ページTOPへ
Copyright © Phiten Co., Ltd. All rights Reserved.