夢に向かって挑戦する人

夢を叶える為に私が選んだ道

1996年、大阪府出身。小学校4年生からテニスを始める。高校時代はテニス部キャプテンを務め、数々の大会に出場。高校卒業後はテニスプレイヤーとして活動。第90回関西オープンテニス選手権大会のダブルスで準優勝、2014GS YUASA OPEN(ITF1万ドル大会)のダブルスでベスト8を記録するなど活躍中。

宇野 真彩さんのストーリーインタビュー

宇野 真彩さんの夢を支えるボディケアアイテムはこちら

毎日のボディケアで、自分のカラダをコントロールしながら戦う。

テニスプレイヤーとしての活躍

自分のカラダと向き合いながら戦い続ける。

写真:宇野 真彩さん
自分のカラダときちんと向き合いメンテナンスを行うことで、ダブルスで準優勝、ベスト8を記録
東京の高校に通っていたのですが、東京の地区大会の1位や2位の学校や選手というのは、だいたいが全国大会の1位や2位なんですよね。トップの学校や選手にいつも勝てないことを、本当にくやしく思っていました。全国への切符も、いつもそこで途切れてしまうんです。だから、もっと上を目指してチャレンジを続けたいなと思っていたんですよ。そして高校卒業後は、テニスプレイヤーの道に思い切って飛び込んだんです。

高校を卒業して1年目には、第90回関西オープンテニス選手権大会のダブルスで準優勝、2014GS YUASA OPEN(ITF1万ドル大会)のダブルスでベスト8という結果を残すことができました。けれどテニスを続ける中でひじを痛めてしまって、今は「メタックスクリーム」でケアしたり「ファイテンサポーター」をつけて試合に出ています。ひじも以前から不安のある腰も、マッサージなどを継続して行い、自分のカラダときちんと向き合うことで、うまくコントロールできるようになってきたなと感じますね。

ファイテンとの出会い

ケガに苦しんだからこそ、日々のメンテナンスを大切に。

写真:宇野 真彩さん
小学生の頃から愛用するファイテン商品。着けているとコンディションの良さを感じる
小学校4年生の頃、通っていたテニススクールでファイテンのことを知りました。初めて使ったのは「RAKUWAネック」と「RAKUWAブレス」ですね。学生時代にケガをしたときも、ファイテンのクリームを使って母にマッサージしてもらってました。最近は、「パワーテープ」や「チタンテープ」も取り入れていますよ。

腰をケガしてすぐの頃は、一度ズキンと違和感が来たら、もう立ち上がれなくなるほどだったんですよ。だから夏の暑い時期も、分厚いコルセットをつけてテニスをしていましたね。そういう経験があってこそ、日々のケアの大切さを身をもって感じることができました。だからこそ毎日負担が蓄積しないようにメンテナンスを行っていますし、そのおかげで今は試合中に腰に違和感を感じるようなことはなくなりましたね。

  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ

宇野 真彩さんが使用するボディケアグッズ

メタックスクリーム
メタックスクリーム
ファイテンサポーター
ひじ用・手首用
ファイテンサポーターひじ用・手首用
宇野 真彩さんの使い方

About The Body Care Company

Interview&Item

一覧へ
  • ファイテン
  • ファイテン公式 facebookページ
ページTOPへ
Copyright © Phiten Co., Ltd. All rights Reserved.