夢に向かって挑戦する人

夢を叶える為に私が選んだ道

1982年、愛知県生まれ。大学時代に俳優を志し、23歳で上京。舞台「秘密の花園」でデビュー。2007年には「ウルトラギャラクシー大怪獣バトル」シリーズにて主演。2011年にはウルトラソングを歌うユニット『voyager』のスペシャル・クルーとして歌手デビューした他、舞台やテレビドラマへ多数出演中。

南 翔太さんのストーリーインタビュー

南 翔太さんの夢を支えるボディケアアイテムはこちら

自分を育て、夢を叶えてくれた作品との出会い。

ウルトラマンシリーズ主演

「今の自分」を育ててくれた作品。

写真:南 翔太さん「ウルトラマンシリーズ」では「お客様の前に出る仕事とはどういうものなのか」を学び、転機となる作品となった上京してから数年間は、バイトをしながら舞台を踏む毎日でした。役者としてこの職業で食べていきたいと思っていましたが、とても苦しい状況でしたね。心身ともにストイックになっていたんです。そんな時にウルトラマンシリーズのオーディションを受けて、主役として出演することが決まったんですよ。25歳の時でした。

この作品では、尊敬する先輩と共演することになったんです。先輩は芸能生活も長く、役者としての1から10までをすべて叩き込んでいただきました。また、他の共演者の方、スタッフの方、そしてお客さんからも、「お客様の前に出る仕事とはどういうものなのか」ということを教えていただきましたね。視野も広がりましたし、すごく大きな影響を与えてくれました。今の自分になるまで育ててもらった現場ですし、この作品がなければ役者をやめているだろうなと思うほどです。僕にとっての転機となった作品ですね。

海外でのイベントに参加

ウルトラマンシリーズを通じて叶った、十年前に抱いた夢。

僕が出演させてもらった作品はワンクール(3ヶ月)の放送だったのですが、ご好評をいただいて、次の年ももう1度やりましょうというお話をいただくことができました。その後、映画やOVAというDVDやビデオのような媒体の作品にも出演させていただいて、結局5年の間、映像作品に関わらせていただくことができました。また今もイベントに参加させていただいていて、そこも含めるとウルトラマンシリーズに関わって10年近くになります。

写真:南 翔太さん
ウルトラヒーローと共にまわったタイの学校では、沢山の子供たちが笑顔になってくれた
イベントでは海外にも行きました。タイの学校をウルトラヒーローと僕とでまわったことがあったのですが、その時子供たちがすごく笑顔になってくれたんですよ。ウルトラマンシリーズという1つの大きなお仕事を経て、十数年前の自分が海外で抱いた「人を笑顔にする」という夢が叶った瞬間でした。

そういうこともあって、本当にウルトラマンシリーズは自分にとって大きな存在になりましたね。だから、「ウルトラマンシリーズ ファイテン RAKUWAブレスS」が登場したときは、好きなものと好きなものがつながったことが本当にうれしかったんですよ。

  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ

南 翔太さんが使用するボディケアグッズ

RAKUWAネック
X100 ミラーボール
RAKUWAネック X100 ミラーボール
パワーテープX30
パワーテープX30
南 翔太さんの使い方

About The Body Care Company

Interview&Item

一覧へ
  • ファイテン
  • ファイテン公式 facebookページ
ページTOPへ
Copyright © Phiten Co., Ltd. All rights Reserved.