夢に向かって挑戦する人

夢を叶える為に私が選んだ道

1967年、静岡県生まれ。1990年にヤマハ発動機に入団。Jリーグ最優秀選手の他、得点王を2度、ベストイレブンを4度受賞。1998年・2002年には日本代表としてW杯に出場。98年大会では日本選手として史上初得点を挙げた。2015年からは、JFLアスルクラロ沼津とアマチュア契約を結ぶ。

中山 雅史さんのストーリーインタビュー

中山 雅史さんの夢を支えるボディケアアイテムはこちら

自分を高められる環境で、これからも”もっと上”を目指して。

アスルクラロ沼津加入へ

「試合に出たい」という想い。

常にチームの中で何ができるのか、自分がチカラになれるのは何なのかを考えてやってきました。コンサドーレ札幌時代は、チームの足手まといにはなりたくないし、とにかくやれるところまでやろうという想いで練習していましたね。けれど最後の最後はもう走れないなと感じて、「抜けます」と伝えて、リハビリに入りました。年齢的に若ければ、治療法も手術もいろいろな選択肢があると思うんです。年齢を重ねたことで、かなり厳しいものがあるだろうなというのは感じていました。でも何かやりきった感がなく、何かまだ方法があるんじゃないかと未練もありました。写真:中山 雅史さん
自分を高められる場所を提供してもらえたことに、本当に感謝していると語る
なのでまずは、まともに歩けたり、走れたり、楽しくサッカーができる状態にしたいと思ってチャレンジし続けたんです。そんな時に声をかけてくれたのが、アスルクラロ沼津の理事長である山本さんでした。

もちろんチームに所属すれば「試合に出たい」という想いはあります。若い選手のはつらつとした動きであったり、キレのある動きを見ると、うらやましいなと思う反面、悔しさもあります。この想いは、自分もそこに挑戦していきたいという想いの表れだと思うんです。でもそのためには自分をレベルアップさせて、動きやプレーの質も上げないといけない。それは年齢から見ても、カラダの状態からみても非常に厳しいことは重々承知しています。でも先のことはだれもわからないですから。どこまでいけるか挑戦して、自分がいきたいところまでいけないとなれば、それも自分のチカラだとちゃんと受け止めて、次に活かしていければと思っています。経験したことで得られたことであったり、見えたことが、何かで役立つならいいなと思いますね。そうやって自分を高められる場所を提供してもらえたことに、本当に感謝しているんです。


メディア活動とサッカーの両立

今の自分より強い自分を。

今行っているメディアでの活動とサッカーの両立は、正直大変です。でも自分で選択したのだから、やるのが当たり前。やりたいのならやるしかないと思っているんです。「両方なんてできるのか」と不愉快な想いをさせてしまってる方がいるなら申し訳ないなと思いながらも、自分のやれることを精一杯やって、身を投じているつもりです。自分のやれることを精一杯やった上で、練習もしっかりして、それがチームの刺激になってくれればいいなと思っています。

チームの練習に行くと、自分自身の刺激になるんですよね。そして、刺激を受けるだけでなく、自分からも刺激を与えられる存在になれれば、それはチームのチカラになれるのではないかと思っているんです。ただ、選手をやってる以上、悔しさの方が先に立ちますね。プレーを見て感心することがあったり、自分もできたらいいなと思ったりもします。アドバイスできることはしますし、基本的なことは投げかけますよ。写真:中山 雅史さん
地道なことを精一杯続けながら、すこしずつでも前進していきたい
自分に合っていたやり方が他の選手に合っているかどうかはわからないですけどね。サッカーはチームとして戦うスポーツなので、1人1人の質を高めて、意識を高めることがチームの強さになる。その為に積極的にアドバイスを投げかけられればいいと思います。

自分自身としてはこれからも「今の自分より強い自分、動ける自分を作れればいい」ということをとにかく考えてやっていきたいですね。地道なことをやりながら、すこしずつでも前進していけたらいいと思っています。昨日できなかったことがやれたり、回数や秒数など、そういうものを少しずつでも向上できればいいなと思いますね。


中山 雅史さんの最近の活動についてはこちら
  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 3

中山 雅史さんが使用するボディケアグッズ

RAKUWAネック ワイヤーⅡ
RAKUWAネック ワイヤーⅡ
チタンテープ X30
(伸縮タイプ)
チタンテープ X30(伸縮タイプ)
中山 雅史さんの使い方 効果的な使用方法はこちら

About The Body Care Company

Interview&Item

一覧へ
  • ファイテン
  • ファイテン公式 facebookページ
ページTOPへ
Copyright © Phiten Co., Ltd. All rights Reserved.