夢に向かって挑戦する人

夢を叶える為に私が選んだ道

1983年、神奈川県生まれ。幼少の頃から器械体操や野球に取り組み、大学ではトライアスロン部に所属。2003年のサンミュージック新人タレントオーディションをきっかけに芸能界入りし、2005年に俳優デビュー。映画、舞台で活躍する一方、数々のスポーツバラエティに出演。入賞や優勝を果たしている。

森 渉さんのストーリーインタビュー

森 渉さんの夢を支えるボディケアアイテムはこちら

大学生で俳優デビュー、アスリート俳優としてトレーニングの日々。

芸能活動開始、SASUKEとの出会い

突然のオーディションから掴んだ映画デビュー。

大学1年のころには芸能事務所にも入り、大学2年の春ごろ「亡国のイージス」で映画デビューしました。この映画のオーディションの時は、まだ基礎レッスンをやっているような状態だったんですが、事務所から急に「オーディションに行ってきて」と言われたんです。参加してみると、周囲はテレビや映画によく出ている役者さんばかりで驚きました。僕は経験が全くなかったので、自己アピールの場では、「今まで何も出たこともないです。だから今日は気合だけは負けないように頑張ります!」と言って、体操部の経験を活かしてくるっと回ったりしたんです。そうしたら「面白いから」と言ってもらえて、映画への出演が決まりました。原作にない自分用の役を作ってもらったんです。初仕事になったその映画の撮影は、大学3年のころで、トライアスロン部で主将になっていたときでした。しかも撮影の日がインカレと重なり、写真:森 渉さん
トレーニングを積み重ね、初挑戦から12年でステージクリア。ゴールから見えた風景に感動
チームが全国1を決めた日に、主将の僕は三浦半島で撮影をしていたんですよ。大学卒業後は芸能活動を続けて、2005年にSASUKEに初出場しました。でも緊張もあって、悔しい結果に終わってしまったんですよね。その後も再度チャンスをもらったのですが、結果を残せませんでした。今思うと、経験値が圧倒的に足りていなかったし、勉強不足だったと思います。ファーストステージをクリアしたのは、2016年のことです。ゴールに立って、観客席と各エリアがすべて見通せた時、「これが見たかった景色だな」と思って感動しました。初挑戦から12年かかりましたね。SASUKEには、人生の難しさや厳しさを教えてもらいました。

毎日のトレーニング

若い選手と戦うために欠かせない、万全のボディケア。

毎日のトレーニングは、大学で勉強した知識もありますが、先輩やトレーナーに聞いて、自分に良さそうなものを取り入れていきましたね。例えば「懸垂とジャンプを組み合わせてトレーニングする」とか、SASUKEのコースで必要になる動きを習得できるようトレーニングしてますね。本番は、カラダが疲れている状態でエリアをクリアしないといけないんです。だから、想定される動きができればいいわけでなく、疲れた状態でさらに追い込むトレーニングが必要なんですよね。子供のころに体操をやっていたので、もともとバランス感覚はいい方だと思います。普段から車道の端のブロックの上をまっすぐ歩いたり、道路にひいてあるまっすぐの線に沿って走ったり、無意識のトレーニングを行っています。SASUKE出場時は、常にカラダのどこかに不安がある状態なんですよね。最初の種目から、肩や腰をテーピングしています。特に30歳を過ぎたころからは、カラダが回復しにくいなと感じるし、ケガの治りも遅くなった気がするんですよね。若いころは足を痛めても、次の日ぐらいには回復し始めていたようなイメージだったんですが、2016年の足のケガは1年ぐらい引きずりましたね。このケガの経験から、写真:森 渉さん
実際のコースで必要になる動きを研究し、トレーニングを行っている
ウォーミングアップとクールダウンは本当に大事だと実感しました。いつも時間をかけて行っていますよ。ファイテンの機器やIPサロンでのケアも積極的に取り入れていきたいですね。最近は、自分以外の優勝候補の選手たちは若い人ばかりです。収録は夜中までかかることが多いんですが、若い選手たちはずっと元気に動いていますね。その若さと比べると自分は全然違いますし、いいなと思いますよね。でも僕はその分、出場者の中で一番ボディケアのことを考えて挑んでいると思いますね。いまこの年齢になっても番組に出演させてもらえている自分は、幸運だと思っています。


  • 前へ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ

 森 渉さんが使用するボディケアグッズ

チタンテープ X30
(伸縮タイプ)
チタンテープ X30(伸縮タイプ)
メタックスクリーム
メタックスクリーム
 森 渉さんの使い方 効果的な使用方法はこちら

About The Body Care Company

Interview&Item

一覧へ
  • ファイテン
  • ファイテン公式 facebookページ
ページTOPへ
Copyright © Phiten Co., Ltd. All rights Reserved.